House

知っておくべき知識

注文住宅を建てようと考えた場合には、何よりもまず知っておくべき知識が多数存在してます。そうした知識を把握しておくことによって、注文住宅を建てる際に後悔するような事を避けられるのです。

もっと詳しく

住まいへのこだわり

家が欲しいと思った場合には、自分達のこだわりがある場合には注文住宅というスタイルで設計してみると良いでしょう。以前の注文住宅よりもローコストで作成ができるようになっています。

もっと詳しく

夢のマイホームを実現

理想のマイホームを手に入れたくて龍ヶ崎市で注文住宅を建てるならコチラの情報が参考になりますよ!各業者の口コミも寄せられてます。

増えつつある蓄電池の設置

近年、注文住宅を建てる際に、定置用のリチウムイオン蓄電池を導入するケースが増えつつあります。 蓄電池を導入すると、太陽光発電システムなどによって自家発電した電気や、深夜の安価な電気を蓄えて、必要な時に使うことができるようになります。 停電の際にも一定期間電気を使うことができるため、防災上の観点から、導入を検討する人が急速に増えてきました。 さらに、電力会社による再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の、住宅用の太陽光発電が売電制限の対象となったことにより、また改めて大きな注目を集めるようになってきました。 近頃では、こうした蓄電池を設置する際の費用の一部を補助する、定置用リチウムイオン蓄電池補助金の制度もスタートし、注文住宅を建てる際の選択肢のひとつとして、さらなる普及が予想されます。

蓄電池設置を支援する補助金制度

注文住宅を建てる際に、この定置用のリチウムイオン蓄電池を設置すると、1住宅あたり100万円を上限とする補助金が支給されます。 補助率は、付加機能や容量によって、蓄電システムごとに目標価格が定められていて、購入価格と目標価格の差額の3分の2以内となっています。 また、この蓄電池は、省エネ住宅ポイントの対象機器には指定されていないため、併用して導入する際にも、補助金を使うことができます。 ただし、補助金の対象となる蓄電池は、補助金の実施団体である環境共創イニシアチブに指定された製品に限られる、ということには注意が必要です。 また最近では、単独で補助を行う自治体も増えつつあるため、注文住宅を建てる際に導入されるケースがますます増えていくものと考えられます。

Side Menu

無視しないように

一戸建て住宅などにおいて、非常に大きな問題となるのが、白アリです。白アリは木を食べるため、木材を利用している家に取って天敵となる存在であるため、白アリを発見した場合には、すみやかに対処する事が必要です。

もっと詳しく

工務店の役割を把握する

注文住宅や一戸建て住宅の建設を行う場合、工務店は非常に重要な存在となります。工務店選びを適切に行う事によって、より良い住宅を建てる事ができるようになるため、上手に選ぶために知識を持っておく必要があります。

もっと詳しく

イメージを実体に

注文住宅の最大のメリットは、自分のイメージを実際の形に出来る事です。そのため、自分が理想としている家をつくり上げるといったような事も不可能ではなくなっているため、非常に高い人気を誇っているのです。

もっと詳しく