工務店の役割を把握する

工務店とは一体どのような場所か

「工務店」とは一体どのような組織なのでしょうか。そして、その一連の仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。工務店とは簡単に言いますと、家を建てるための総合窓口の役割を果たす会社です。つまり、家を建てるためのありとあらゆる情報がこの工務店に集約されて、そこから仕事が各段階ごとの工事担当部門に振り分けられます。というのも工務店に勤めている人が全ての工程を自分で行う訳ではありません。家作りには様々な工程があります。例えば、家の最も根幹となる基礎を作る基礎屋と呼ばれる職人、大工はもとより、内装のクロスを貼る職人、電気の系統を担当する職人、家の外壁を担当する職人など様々な職人が携わってようやく家が完成するのです。

現場監督という幅広い仕事

以上の点を踏まえての工務店の役割ということになると、工務店は各工程に携わってくる職人をとりまとめる役割と工程の管理という事になります。もう少し詳しくお話しすると、家を建築するにあたって、職人が好き勝手なことをすれば、工期も遅れますし現場も滅茶苦茶になるということは容易に想像が出来ます。工務店に勤めている人間が、現場監督となって職人の管理、工程の管理をするのです。実際には工務店に勤める現場監督は、上記のような管理のみならず予算の組み立ても行います。つまり、各職人に対する支払いという面での予算の管理もするのです。建築の請負金額と支払い金額との差額がその工務店の利益という形になって表れて くるのです。